新ブロブ開設たべ呑あそこちらもよろしく!
以前スーパーで、カラムーチョ味のふりかけを見つけた事があるのですが、同じスーパーのふりかけコーナーで、今度は「CoCo壱番屋カレーふりかけ」を見つけました。


最近、何かと話題のCoCo壱番屋

戦隊物のポジションだったら、間違いなくイエローの位置に君臨する、カレーが大好物のお金のないお父さんは、迷わず購入です。

ただですね、ふりかけのパッケージに本物のCoCo壱番屋のカレーの写真を乗せてしまっているんですよ。

その為、消費者は「CoCo壱番屋のカレーみたいなふりかけ」と言う先入観を持って購入します。

必然と美味しさのハードルが上がってしまうんですよ。

カラムーチョふりかけも、パッケージにカラムーチョの写真を使用していた事により、私の期待を大きく裏切る形となりました…


とにもかくにも、まずは実食です!

おおっ!

ふりかけがサクサクしていて、後からカレーの風味が広がります!

なかなか美味しいふりかけです。

ただ… CoCo壱番屋のカレーの味ではないんですよね…

結構美味しいのに、非常にもったいないです。

やっぱりCoCo壱番屋のカレーの写真が良くないんだと思います。


例えば、パッケージにカレクックの写真を乗せてみたら、消費者はどんな気持ちでカレーふりかけを購入するでしょうか?

「カレクックのカレーふりかけ」

カレクックの頭の上のカレーを食べた事がないので、消費者は味を想像する事は出来ません。

彼は、何で頭にカレーライスを乗せているのだろうか?

彼は一体何者なんだろうか?

必殺技はあるのだろうか?

消費者は、味よりもカレクックの事で頭がいっぱいになるはずです。

そこで、カレーふりかけを食べれば…

「カレクックのカレーふりかけ超うまいじゃん!」

ってならないか…


本日は以上!
関連記事
スポンサーリンク
タグ